ざる豆腐

 

とうふ (4).jpg

 

今日はざる豆腐作りに挑戦!

まず昨日から水に浸けた大豆を

ミキサーにかけるところから始まります。

 

 

 

とうふ (5).jpg

 

大豆と1.5リットルの水を3回に分けて

ミキサーにかけていきます。

 

 

 

 

ミキサーにかけた大豆をこし布に入れ、水分が出なくなるまで絞ります。

このときに出た汁は「生呉(なまご)」といいます。

 

 

 

 

とうふ (6).jpg

 

続いて、生呉を沸騰するまで煮詰めます。

焦げ付かないように常に底から混ぜるのがポイントです。

 

 

 

 

 

沸騰してから弱火にかけ、5分経ったら火を止め、もう5分冷まします。

これがいわゆる「豆乳」になります。

 

だいたい75~80℃くらいになったら、「にがり」というものを入れます。

豆乳を豆腐にするための凝固剤のようなものです。

 

とうふ (1).jpg

 

にがりを入れたら優しくひと混ぜして・・・

あとは1時間放置です。

 

 

 

 

 

1時間後・・・

とうふ (3).jpg

 

鍋を見てみると、小さな白い塊が

ところどころに浮かんでいます。

 

 

 

 

 

とうふ (2).jpg

 

すくってざるでこしてみると、豆腐が出てきました!

味はまさにいつも食べている豆腐!

そのままでも醤油をかけてもおいしかったです。

 

 

 

 

ちなみに、絞って生呉を作った際、こし布に残ったかすは「おから」です。

次は家でおからクッキーを作ってみようと思います。

 

 

三好(みよっしー)

 

 

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

月別 アーカイブ

アイテム

  • 20210202 (1).jpg
  • 20210202 (2).jpg
  • 20210202 (5).jpg
  • 20210202 (4).jpg
  • 20210202 (3).jpg
  • とうふ (2).jpg
  • とうふ (3).jpg
  • とうふ (1).jpg
  • とうふ (6).jpg
  • とうふ (5).jpg