ロウバイの香る穏やかな日に

2.jpg3.jpg

 

 

 

 

 

 

どこからともなく優しいロウバイの香りがしてきた。体育館の脇にロウバイに花が咲いていた。

昨日の夜に降った雨はやみロウバイの花に水滴が光っていた.

木が揺れないようにそっと近づくと、雨粒の中に青空が広がり太陽がキラキラと光り輝いた.

何となく生き物たちの活動に出会えそうな予感がした.

 

4.jpg5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

山茶花の花にヒメヒラタアブとハエの仲間が仲良く活動していた。

 

7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サザンカの方からイヌツゲの方へ飛んで行ったチョウが羽を広げ暖かな太陽の日差しを浴びていた。成虫越冬中のテングチョウだ。成虫越冬するチョウは、テングチョウ、ルリタテハ、アカタテハ、キタテハ、ヒオドシチョウやキタキチョウ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ、ウラギンシジミなどがいます。

ふれあいの村の中でゆっくり探せば見つかりますが、もっと遅い時期が多いようです。今日の気温は朝4℃で寒かったが,昼過ぎには16℃に上昇していました。きっとこの陽気に誘われたのでしょう。

9.jpg10.jpg

 
 
 
 
 
 
 
11.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白い葉痕と新芽。エンジュの芽、モミジイチゴの芽、粘り気のあるトチノキの芽も風雪に耐えながら春の準備をしています。

 

12.jpg11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョウビタキは楽しそうに飛翔し、楽しく話す仲の良いムクドリもいました。

 

A.jpg

B.jpg

 

 

 

 
 
 
c.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

上空をトビが何回も旋回し優雅に飛ぶ姿は、今日の日を満喫しているようでした。ふと見慣れないコケが目に留まった。この村で初めて見たミノゴケであった。何となく今日はいい予感がしていたが、これだったのかもしれないと思った。今年も自然観察会に参加される皆様がたくさんの不思議を発見しますようにと祈った。

    

【担当:吉田文雄】

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

アイテム

  • P5050008.JPG
  • P5050003.JPG
  • P5050006.JPG
  • 20200504 (3).JPG
  • 20200504 (4).JPG
  • 20200504.JPG
  • 20200504 (2).JPG
  • ハルジオン4.JPG
  • ハルジオン5.JPG
  • ハルジオン2.JPG