ヒナノハイゴケとタチヒダゴケ

いつも見慣れた白っぽいムラサキシキブの花が、今日は雨に濡れてピンク色の花びらと黄色の雄しべが良く目立ち美しい。

先日の観察会で人気のエサキモンキツノカメムシも触覚や背中に雨粒をつけ雨を楽しむかのようだ。

 

1ムラサキシキブ.jpg2エサキモンキツノカメムシ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

葉裏についた雨粒は、いつもと違った景色を映し出していた。

 

3アマツブ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

カノコガは遠くの山を背景に、まるでステンドグラスを見ているようで趣のある雨の日の風景だ。こんな所にオバボタルもいた。

 

4カノコガ.JPG5オバボタル.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強い日差しに負けていたヌマムラサキツユクサの雄しべもいつもより元気に見える。

ヤブガラシの雄しべは、今日は雨なのでまだ虫たちが来ていないのか4本とも残っていた。

アジサイも雨にぬれ、お色直しをしたように美しい。

 

6ヌマムラサキツユクサ.JPG7ヤブガラシ.jpg8アジサイ1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ラミーカミキリやコフキゾウムシたちも、恵みの雨を楽しむように何か嬉しそうだ。

 

9ラミーカミキリ.JPG10コフキゾウムシ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日といえば、そうだコケだ。いつも見分けがつかなかったタチヒダゴケ(別名コダマゴケ)とヒナノハイゴケ(別名クチベニゴケ)の違いは、葉の形やさく歯など写真でも分かった。

 

タチヒダゴケ.jpgヒナノハイゴケ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日は、色んな生き物が生き生きとして見ていても楽しい。   

担当:吉田文雄

 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイテム

  • 20180613 (1).JPG
  • 20180613 (8).JPG
  • 20180613 (6).JPG
  • 20180613 (7).JPG
  • ヒナノハイゴケ.JPG
  • タチヒダゴケ.jpg
  • 10コフキゾウムシ.jpg
  • 9ラミーカミキリ.JPG
  • 8アジサイ1.jpg
  • 7ヤブガラシ.jpg