P8160099ブログサイズ.jpg

野外炊事場に向かう道の途中。

薪倉庫の前に、どんぐり付きの枝が落ちていました。

1つや2つではなく、大量に。

実はこれ、『チョッキリ』という虫の仕業なんです。

 

 

 

 

 

きれいな花や食べることのできる植物はお店で買うものと、私たちは思ってしまいまいがちです。
でも、村の中を歩いていると、その考えは必ずしも正しくないことに気づかされます。

 

夏の間、いちばん目立つのは、ユリの花でしょうか。0Z6A6264.JPG
しっかりとした緑の茎の先に咲く白い花は、大きさといい、
形といい、花屋に並んでいるものと遜色ありません。

 

いっぽう、目立たない日陰にひっそりと生えているのは、
ミョウガです。
普段は薬味用にパック詰めにされているものを見るくら
いですから、地面からニョキッと生えている姿はなかな
か新鮮です。

0Z6A6228.JPG

 

人間の長い営みの中で、自然に生えていた植物の中から
美しいもの、有益なものが選ばれ、改良を
加えられて、
観賞用の花や野菜として栽培されるようになったのですね。

改めて、自然の恵みに感謝の気持ちがわいてきます。

 

ただし、こうした植物も愛川ふれあいの村を構成する自然の
一部です。
もし、きれいな花やおいしそうな野草を見つけても、切り取っ
たりしないようにしてくださいね。

 

かなやま(じいじ)

2018 1日目 (37).JPG

先週末まで行われていた1WEEKキャンプの写真をアップ

させていただきます。

また、写真データは11月に実施する紅葉まつりの際に子どもたちに配布させていただきます。

みなさまに紅葉まつりでお会いできることを楽しみにしています。

 

夕立

P8130002.JPG

 

 

午前中の蒸し暑さから一転!

午後は、突然の雷と大雨に見舞われました。

0Z6A5859.JPG

今日は村内を散策していると、中学生の時(35年ほど前)に当施設を利用したことがあるという方にお会いしました。

お話を聞くと、記憶をたよりにここまでバイクで来たとのこと。

村内を見学されて、懐かしんで帰られました。

あのなんとも言えない表情がこころに残ります。

 

ヘクソカズラとカラスウリ

20181WEEK7 (6).JPG

本日、1WEEKキャンプ最終日です。

今日のやることは、掃除と1週間のふりかえりです。

 

 

オーバーナイトハイクを終えた子どもたちは、午前中しっかりと仮眠をとりました。

 

1WEEK 2018 6 (389).JPG

昨夜より、始まったオーバーナイトチャレンジハイク無事に誰一人欠けることなく終了しました。

 

オーバーナイトチャレンジハイク20kmのうち、全ての班が6:00ごろに16kmの地点を通過しました。歩き始めてから約6時間残すところあと4㎞。

眠気、疲れ、そして空腹感と戦いながら歩いていたようです。

 

7時現在、ふれあいの村近くのセブンイレブンにいるようです。

全員そろってふれあいの村に帰ってこれそうです。

 

鷲山わっしゃー

1WEEKキャンプ5日目

 

朝方まで小雨は降っていたようですが、朝起きるころには雨もやみ、4日ぶりの晴れ間が見えています。

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

アイテム

  • P8160002ブログ (2).jpg
  • P8160107burogu.jpg
  • P8160096ブログ.jpg
  • P8160099ブログサイズ.jpg
  • 0Z6A6228.JPG
  • 0Z6A6264.JPG
  • 2018 1日目 (164).JPG
  • 2018 1日目 (162).JPG
  • 2018 1日目 (161).JPG
  • 2018 1日目 (160).JPG