来年につながる

IMG_1324.JPG

だんだんと生き物が減っていく季節となりました。

しかし、日中は暖かく11月まではチョウやハチが花に集まることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1326.JPG0Z6A1346.JPG

村には多くの生き物が隠れていますので、よ~く探してみてください。

来年に向けてアゲハチョウの幼虫や冬越しバッタのツチイナゴ、ほかのバッタも地面に卵をたくさん産み落としていることだと思います。

 

 

 

 

 

0Z6A1410.JPG0Z6A1414.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0Z6A1369.JPG0Z6A1385.JPG

花も観察会のときに参加者が発見したリンドウやセキヤノアキチョウジ、サラシナショウマが咲いています。

村の近くでは冬に咲くコスモスにハチやアブが蜜を集めていました。

 

 

 

 

 

0Z6A1403.JPG0Z6A1404.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0Z6A1367.JPG0Z6A1364.JPG

花がなくとも、種があります。

村内には銀杏がたくさん落ちていたり、ヤマユリの実もあと少しで割れて種を飛ばしそうです。

もう種を飛ばし終えたものもあります。

 

 

 

 

0Z6A1372.JPGIMG_1339.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、植物は花が終わったらすたれてしまいます。

しかし、植物はそれでおわりでしょうか。

花が終われば種ができ、また来年に花を咲かせます。

チョウも見かけない時期は卵か幼虫なので、途絶えてしまったわけではありません。

 

自然のサイクルは常にまわり続けています。

 

石川

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

アイテム

  • 2019.1106 (3).JPG
  • 2019.1106 (1).JPG
  • 2019.1106 (2).JPG
  • IMG_1339.JPG
  • 0Z6A1372.JPG
  • 0Z6A1364.JPG
  • 0Z6A1367.JPG
  • 0Z6A1404.JPG
  • 0Z6A1403.JPG
  • 0Z6A1385.JPG