天気は西からやってくる?

P6120001.JPG

昨日今日と日中は晴れ予報。

利用している団体さんは、キャンプファイヤーはできるのか、

活動中に雨が降ってこないかと

天気予報とにらめっこ。

 

梅雨入りしたこともあり、団体さんの活動やこの後の天気が気になり

私も天気予報をいつもより見るようになっています。

便利だなと思うのは、雨雲レーダー。

今雨が降っていて、いついなくなるのか、いつ強くなるのか

予想してくれるので、重宝しています。

 

20190612 (9).JPG

レーダーを見ていてあっ!と気づいた不思議なこと。

あれ、全部左から雨雲がやってくる。

いつだか勉強した気もするけれど、なぜなんだろう。

思わず村の西側に目を向けてしまいます。

 

 

調べてみると…

日本の上空5,000~10,000mでは「偏西風」と呼ばれる風が西から東に向けて吹いています。

地球の自転によってできているこの風は、あまりにも高いところで吹いているので、

人間は感じることができません。

ただ、この偏西風が雨雲を運んできてしまうのです。

日本と同じように西から風が吹くのはヨーロッパ、アメリカなど限られた地域のみ。

赤道付近では「貿易風」という強い風が東から吹くので、天気は東から西に向かって変わるよう。

 

高気圧や低気圧、前線などの影響で必ずしも西から東というわけではないですが、

西の空を見上げるともしかしたら天気が予想できるかもでですね。

 

佐々木(ひめちゃん)

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

アイテム

  • 0Z6A7734.JPG
  • 0Z6A779797.JPG
  • 0Z6A7797.JPG
  • 0Z6A7814.JPG
  • 0Z6A7733.JPG
  • 20190612 (9).JPG
  • P6120001.JPG
  • 20190611 (3).JPG
  • 20190611 (2).JPG
  • 20190611 (5).JPG