第3回自然観察会はなかったが...

IMG_0631-001.JPG

今日はあまりの暑さのせいか…自然観察会に参加者の姿はありませんでした。

そのため、ブログで今日の村の自然を紹介します。

 

 

 

 

 

0Z6A2460-001.JPG

朝8時ころ、キジがいました。

あとサルとイヌがいれば、オニ退治にいけますね。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0602-001.JPG

次に、ナツなのにアキノタムラソウが生えています。

既にアキ先取りですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

0Z6A2464-001.JPG

今日のテーマは“セミ”でした。

「ジィ(チ)ーーーーー」とニイニイゼミが鳴きはじめました。

夕方はヒグラシの声も聞こえてきます。

例年よりも早く梅雨が明けて、セミの最盛期も早まりそうです。

 

 

 

 

 

0Z6A2419-001.JPGIMG_0756-001.JPG

鳴き声がすれば、抜け殻もあります。

泥つきの抜け殻はニイニイゼミ。

触覚の第3節が長いのはアブラゼミです。

こんな表を作ってみました。

 

 

 

 

 

0Z6A2413-001.JPG

アブラゼミはまだ出ていないだろう、きっと去年の抜け殻だろうと思っていたのですが…いました!

側溝に落ちて元気がありませんでしたが確実に存在します。

そろそろミンミンゼミも出てきますね。

 

 

 

 

 

 

気のせいかなと思いますが、クマゼミとツクツクボウシの声も聞いたような…

関東地方ではあまりクマゼミの抜け殻を見ることはありませんが、ニイニイゼミやヒグラシ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシは見ることができます。

※クマゼミは九州(西日本)でよく見かけます。

 

 

 

 

 

IMG_0598-001.JPG

ニイニイゼミを発見!

 

木にとまっていても見つけづらいですね。

 

 

 

 

 

 

0Z6A1909.JPG

ヒグラシの抜け殻もありました。

他のセミと違って涼しさを感じる鳴き声には癒されます。

 

 

 

 

 

 

セミは1週間しか生きることができないため、短命とおもわれがちですが虫のなかでもかなり長生きです。

幼虫は5年くらい土の中で暮らして地上に出ます。

地上に出てからも1ヶ月ほど生きるとも言われています。

 

 

 

 

 

IMG_0588-001.JPG

世界のセミを見ると、大人の手のひらくらいの大きさがある世界最大のセミや、17年間土の中で過ごすセミもいます。

セミはカメムシの仲間で、カメムシもそうですがとても種類が多いです。

是非、調べて見てください。

 

 

 

 

 

セミについて調べて見れば、不思議がいっぱい!

夏休みの自由研究にいかがでしょうか。

 

 

 

 

次回の自然観察会は9月2日(日)です。

皆様のご参加お待ちしております。

 

 

 

 

前回の様子  → コチラ    報告書

前々回の様子 → コチラ   報告書

 

 

 

0Z6A2434-001.JPG0Z6A2436-001.JPG0Z6A2455-001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

0Z6A2473-001.JPG0Z6A2489-001.JPG0Z6A2478-001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0616-001.JPGIMG_0626-001.JPG0Z6A2487-001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

石川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

アイテム

  • P7020008.JPG
  • P7020004.JPG
  • P7020007.JPG
  • P7020005.JPG
  • 0Z6A1909.JPG
  • IMG_0756-001.JPG
  • 0Z6A2487-001.JPG
  • IMG_0626-001.JPG
  • 0Z6A2478-001.JPG
  • 0Z6A2489-001.JPG