ハクモクレンの花芽

P3133544_加工.jpg



ハクモクレンの花芽が膨らんできました。

花芽といっても、芽鱗(がりん)と呼ばれる毛に覆われたもので包まれているため、外側から花自体は見られません。

 

 

 

P3133539_加工.jpgP3133540_加工.jpg

近づいてよく見てみると、すでに芽鱗の上の方が割れ、中から白いものが見えています。
 

 

 

 

 

P3133568_加工.jpg
いよいよ花の蕾が出てきたのかな?と思いましたが、まだ毛でおおわれているので、これもまだ芽鱗のようです。

調べてみると、ハクモクレンの花芽は3~4重の芽鱗につつまれており、内側になればなるほど白くなるようです。この白い芽鱗が最後の1枚と思われます。

 

 

例年3月下旬~4月上旬にかけて咲きます。
今年はあとどのくらいで咲くのか、今から楽しみです!

 

梅本(チーズ)

 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイテム

  • P6060006 (2).JPG
  • P6060008.JPG
  • P6060007.JPG
  • P6060002.JPG
  • P6050053.JPG
  • P6050005.JPG
  • P6040005.JPG
  • P6040006.JPG
  • IMGP5997.JPG
  • 0Z6A0642.JPG