スイセン

P1090001.JPG

 

りんどう棟の前に

白と黄色の鮮やかな

スイセンが咲いています。

スイセンは冬から春にかけて花を咲かせる

ヒガンバナ科の仲間です。

 

過去のブログ:ヒガンバナ

P1090006.JPG

 

 

 

 

 

 

 

学名はナルキッソスと呼ばれ、

ギリシャ神話に出てくる美少年が由来だそうです。

 

神話では、

ナルキッソスは呪いによって

水面に移った自分の姿に惚(ほ)れてしまいます。

 

ナルキッソスは惚れた相手に会えない辛さから

そのまま憔悴(しょうすい)して死んでしまい、

その身体がスイセンになったため、

スイセンは水辺によく咲き

うなだれるように花を付けるというお話です。

P1090004.JPG

 

 

 

 

 

 

 

由来を調べると観察が一層楽しくなります。

 

村にお越しの際は、

冬を彩ってくれるスイセンを探して見てください。

 

 

清水(メロス)

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アイテム

  • DSC05419.JPG
  • DSC05406.JPG
  • DSC05411.JPG
  • DSC05408.JPG
  • DSC05418.JPG
  • DSC05412.JPG
  • DSC05413.JPG
  • DSC05404.JPG
  • P1090006.JPG
  • P1090004.JPG