ドングリの芽吹き

凍った葉っぱ.JPG

朝は冷え込み、仏果山は白い模様がついています。
村内には、すっかり霜が降り、地面が白んでいます。
吐く息も白くなりました。
利用がない日は昼に聞こえるのは鳥たちの高く細い声だけになり、
夜は秋には意識しなくても耳に届いていた虫の声もなく、静寂が村を包み込みます。
越冬をするため、昆虫たちは気配を消しています。

ドングリの芽吹き.JPGそんな静かな村内で、ひっそりと次の世代が育っていました。
第一薪倉庫のコナラの根元に、子ども達に大人気のどんぐりが落ちていました。
先週、森のようちえんで、子ども達と見たドングリの中身が赤くて、驚いていたのを思い出しました。
根元にしゃがみこみ、ドングリを探してみると、なんと芽が生えているドングリが
そこかしこに転がっていました。
ひっそりと、芽吹いていたドングリに、生命のたくましさを感じました。(葉)

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アイテム

  • IMGP4187.JPG
  • IMGP4185.JPG
  • 紅葉まつり2017@抽選会 (2).JPG
  • 紅葉まつり2017@抽選会 (1).JPG
  • 紅葉まつり2017@抽選会 (3).JPG
  • 紅葉まつり2017@1WEEK (6).JPG
  • 紅葉まつり2017@1WEEK (5).JPG
  • 紅葉まつり2017@1WEEK (2).JPG
  • 紅葉まつり2017@1WEEK (1).JPG
  • 紅葉まつり2017@バンド (4).JPG